福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市早良区、福岡市城南区、福岡市東区、福岡市南区、糸島市、開業相談・融資・資金繰り・節税対策・確定申告・

小さな会社専門税理士

しかた税理士・行政書士事務所

当事務所は中小企業をサポートする経営革新支援機関として国に認定されています

営業時間 10:00~17:00(平日) 休日:土・日・祝日

無料相談実施中

融資サポートや資金繰り改善により中小企業経営者と個人事業主を支援します。
お問い合わせはこちら

創業時にお金を借りておかないと、後々、後悔することになる

創業時にお金を借りておかないと、後々、後悔することになる

確かに、お金を借りると金利がかかります。
500万円借りて、金利が2,4%だと、年間12万円。1ヶ月に1万円となります。
これをもったいないと考えるか、それとも安心を確保するための必要経費と考えるかどうかで、その後の展開が変わってきます。
創業後、計画通り、業績が順調に推移すれば問題はありませんが、計画通り進まないこともよくある話です。
思うように売上や利益が上がらない状況が続くと、遅かれ早かれ、手持ち資金は枯渇します。
そのときに慌てて、お金を借りに行こうと思っても、簡単には貸してもらえません。
実績が伴っていないからです。
創業する際は、実績などありませんから、「自己資金額」や「経験」、「事業計画書」を見て審査します。
その結果、ある一定の条件さえ揃っていれば、貸してもらうことが可能です。
しかし、開業して半年以上も経つと、業績がどのように推移しているかということを重視します。
収支がずっとマイナスの状態だと、貸す方も、
ここに融資するのはリスクが高い
と判断するため、融資することに二の足を踏みます。
創業者の多くが、1年目が終わった時点で資金が枯渇し、融資を申し込みに行くのですが、その時点で申し込んだ場合、金融機関の担当者からは、
「ずっと、マイナス収支が続いていますね。申し訳ございませんが、もう6ヶ月程度、業績の推移を見させてください。それで改善されていた場合は、前向きに検討させていただきます。」
と言われます。
融資を体よく断られるということになってしまいます。
「ここでお金を借りて、てこ入れしようと思っています。」
と言っても、それまでの実績により、経営者の能力が不足していると判断されるため、てこ入れしても結果が伴わないだろうと思われてしまいます。
その結果、事業を運営していく資金が足らなくなり、廃業してしまうというケースは、とてもたくさんあります。
「お金を借りても返せなくなるといや。」
という考えではなく、
「借りたお金をいかにはやく返せるようにするか。そのために借りたお金を、どう使うのか」
という考え方にしない限りは、創業した会社を存続させることはできないと思っておいた方がいいと思います。
創業時に借りる必要がなくても、借りておくことで、資金ポジションが高くなります。
業況が思うように推移しないとき、その状況を打開するためには投資が必要です。
店舗を経営していたものの、集客が上手くいかず売上が上がらないときは、集客を増やすために広告を打つということをしますよね。
この広告を打つというのが投資になります。
でも、残っている資金が少なければ、なるべく経費を使わないようにという意識が働きます。
資金がなければ、こういった場合に、広告を打つことはできず、今のままで、来店客数が増えるのを神に祈るしか方法がなくなります。
待っているだけでは、何も変わらないので、来店客数が増えることはありません。
資金ポジションが高ければ、そういった投資を行うことへの抵抗は少なくなるため、積極的に投資を行って、業況を打開することができます。
ほとんどの金融機関は、
「今、お金を借りないと、会社が潰れてしまいます」
という経営者にお金を貸すことはありません。
なので、資金に余裕がなくなってから、金融機関に借りに行っても、貸してくれません。
逆に、
「今は資金的に余裕があります」
という経営者にお金を貸したがる傾向があります。
経営者にとって、一番お金を借りやすいのは創業時
ですから、創業する際、借りる必要がなくても、必ず借りておくべきなのです。
必要なければ、銀行に定期預金として預けておけばいいのです。
それを最後まで使わないことができれば、経営は成功していると言うことですから、その借り入れに対する金利は、問題にはならないでしょうし、使う機会があるのであれば、先に借りていたということは正解だったということになります。
将来に対する備えをしておくのも、創業を成功させるために必要なことなのです。

 

福岡で開業・起業をお考えの方へ

日本政策金融公庫(国金)や銀行等から、開業資金の創業融資や借入を受けたいと感じている方はまずは,国が認めた認定支援機関である当事務所の無料相談をご利用下さい。希望する満額の融資をしてもらうために必要な知識を得るためのヒントが手に入ります。

※金融機関(銀行)や行政の立場でなく、御社の立場に立ってサポート致します。

092-841-5550

(1)対象者
開業資金が少なく融資を検討されている方
出来るだけ融資や借入の可能性を上げたい方
これから起業・開業を考えているが融資を受ける必要があるのかわからない方できるだけたくさん融資を受けたいと考えている方

(2)対応する者                             実際に銀行面談に同席している税理士・行政書士でもある融資コンサルタントが対応させて頂きます。融資コンサルタント協会に所属しており全国の融資相談事例を基に『融資の傾向と対策』をお伝えします。                 *当事務所は中小企業をサポートすることを国から認められた認定支援機関です。

 

無料融資相談(60分)を利用する「5つのメリット」

融資可能性の有無がわかる
:融資額を増額させるヒントが見つかる
:融資・借入可能性を高める方法がわかる
:公庫や銀行の融資や借入に対する考え方や姿勢がわかる
:開業の方法や会社設立についてもわかる

エリア
福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市早良区、福岡市城南区、福岡市東区、福岡市南区、春日市、筑紫野市、大野城市、宗像市、太宰府市、直方市、前原市、古賀市、小郡市、中間市、筑後市、大川市、甘木市、柳川市、その他福岡県内、佐賀県、長崎県、大分県、山口県

しかた税理士事務所
お問い合わせはこちら

お気軽にご相談ください!小さな会社(中小企業や起業家)と個人事業主の開業と成長安定をサポートします。

●お取扱い業務:開業・資金繰り・融資相談・創業融資・確定申告・会社設立・税務会計業務・経営コンサルティング

092-841-5550

受付時間:10:00~17:00(土日祝除く、土日夜間は要予約)

    料金表 

1ヵ月2社限定
1か月:9,800円~

事業復活支援金

コロナの影響を受けた事業の継続・回復を支援する支援金が出ました。法人最大250万円、個人事業最大50万円

融資サポート

融資サポート

経営支援(未来会計)

中小企業の経営の分析及び指導をする事務所です。未来会計により、御社の未来を見に行こう!

資金繰り改善サポート

政府等から様々な支援策が発表されています。上手に利用して、コロナウイルスの影響を乗り切りましょう。

092-841-5550

詳細はこちら

オンライン融資

ALTOA

融資は金融機関以外からも可能。スモールビジネスの新しい選択肢。

お問合せはこちら

無料相談電話

お問合せはこちら
092-841-5550

経営サポート情報

経営情報

主に融資・補助金等の資金繰り改善に関する情報です。

事務所だより

主に税務会計の期限・改正等に関する情報です。