福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市早良区、福岡市城南区、福岡市東区、福岡市南区、糸島市、開業相談・融資・資金繰り・節税対策・確定申告・

小さな会社専門のコンサル型税理士

しかた税理士・行政書士事務所

当事務所は中小企業をサポートする経営革新支援機関として国に認定されています

営業時間 10:00~17:00(平日) 休日:土・日・祝日

無料相談実施中

融資サポートや資金繰り改善により中小企業経営者と個人事業主を支援します。
お問い合わせはこちら

経費で落ちる領収書その2

経費で落ちる領収書その2

たとえば、旅費交通費で考えてみますと、通常単なる旅行は経費にはなりません。しかし同じ旅行でも、視察が目的の旅行ならば、現地までの交通費や滞在費用などは経費として認められる可能性があります。もちろん、経費として認められる理由は、「仕事のためにつかった」と証明するからです。同じ旅行でも、その内容によって取り扱いが全くかわってきます。

このように経費として認めてもらうことを証明するのに使われる「領収書」や「ㇾシート」ですが、実務上は次のようなケースが存在しています。

次のような場合はどうなるかを考えてみたいと思います。

  • 白紙の領収書又は発行された領収書に手を加える

昔は、「領収書には金額を書かないで」なんて言って後で自分で記入して経費にしたり、精算したりということがたまにあったみたいですが、「文書偽造」「脱税」「業務上横領罪」等完全な「犯罪行為」になりますので、注意して下さい。また、このような領収書が一枚あれば他の領収書や帳簿まで全て疑いの目をもたれたしまします。

  • カード明細やパソコン上の明細は領収書の代わりになるの

厳密には領収書とは代金を受け取った人が発行する「入金を証明する書類」です。したがって、代金を受け取った人以外が発行するものは領収書とはいえません。しかしカード名さやネット通販等の取引画面明細等でも領収書の代わりとして経費を証明するものとして扱われています。その理由は、下手な領収書よりも情報量が多く、「仕事のために使った」という証明ができればよいということになります。

  • 支払った金額の一部だけの領収書

合計5万円の飲食代を4人で分けて支払ったとき、領収書が一枚だと困りますよね。このような場合は、4で割った1万2500円の領収書を作ってもらえば、大丈夫です。支払った合計金額の一部だけの領収書をもらうということは悪いわけではありません

経費を増やせば、課税される所得が減り、結果的に税金を安く抑えることができます。しかし、だからといって節税をするために経費を使えばいいということにはなりません。

極端な経費使用は、金融機関からの評価を下げる結果となりますし、税務署サイドの見方も厳しくなっていきます。気づけば、毎年のように税務調査が入っていたなんてことにならないように「バランス」に気を付けましょう。

  • 領収書の整理と保存

基本的に帳簿から追っかけて確認できるのであれば形式は自由です。スクラップブックに貼ってもいいし、ノートに貼っても大丈夫です。ある程度わかりやすく保管してないと、調査時に確認された時自分でもわからなくなってしまうので要注意です。

領収書は確定申告の際に一緒に提出しなければならないというわけではありません。税務署も大量の領収書を提出されても保管場所に困ります。そのため、領収書は経費の証拠書類として納税者自身が保管しておくことになっています。

基本的には、7年間保存となっています。決算関係の書類を段ボール等にまとめて後から確認できるように保管しておくのが良いと思います。

しかた税理士事務所
お問い合わせはこちら

お気軽にご相談ください!小さな会社(中小企業や起業家)と個人事業主の開業と成長安定をサポートします。

●お取扱い業務:開業・資金繰り・融資相談・創業融資・確定申告・会社設立・税務会計業務・経営コンサルティング

092-841-5550

受付時間:10:00~17:00(土日祝除く、土日夜間は要予約)

    料金表 

1ヵ月2社限定
1か月:9,800円~

事業復活支援金

コロナの影響を受けた事業の継続・回復を支援する支援金が出ました。法人最大250万円、個人事業最大50万円

融資サポート

融資サポート

経営支援(未来会計)

中小企業の経営の分析及び指導をする事務所です。未来会計により、御社の未来を見に行こう!

資金繰り改善サポート

政府等から様々な支援策が発表されています。上手に利用して、コロナウイルスの影響を乗り切りましょう。

092-841-5550

詳細はこちら

オンライン融資

ALTOA

融資は金融機関以外からも可能。スモールビジネスの新しい選択肢。

お問合せはこちら

無料相談電話

お問合せはこちら
092-841-5550

経営サポート情報

経営情報

主に融資・補助金等の資金繰り改善に関する情報です。

事務所だより

主に税務会計の期限・改正等に関する情報です。